読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「乾燥しない肌力」を鍛える 

主婦が美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

今日もやることがないのでもっちり素肌を保つケアを集めてみました

今日色々みてみた情報では、「現在は抽出技術が進み、プラセンタの有効作用を持つ成分を安全性の非常に高い方法で抽出することが簡単にできるようになり、プラセンタの持つ多くの薬理作用が科学的に立証されており、より一層詳しい研究も進んでいます。」のようにいう人が多いようです。

素人ですが、サーチエンジンで探した限りですが、「もともとヒアルロン酸とは人間の身体の至る部位に広く存在する成分で、とても多くの水を抱え込む優れた能力を持った生体由来の化合物で、とんでもなく多くの水を確保しておく性質があることが知られています。」な、いう人が多いそうです。

本日サイトで集めていた情報ですが、「肌の老化対策としてまずは保湿と潤い感を再度取り戻すということが重要ですお肌に水分を多量に確保することで、肌が持つ防護機能が効果的に発揮されるのです。」だという人が多いそうです。

なんとなく書物で調べた限りでは、「プラセンタという言葉は英訳で胎盤を指しています。化粧品や美容サプリなどでこのところよくプラセンタ高濃度配合など目にする機会がありますが、このプラセンタとは胎盤という臓器そのもののことをいうのではないのです。」な、いわれている模様です。

今日サーチエンジンでみてみた情報では、「ヒアルロン酸とはもとから人の体の中のあらゆる箇所にある、ヌルっとした粘り気を持つ液体であり、生化学的な言い方をするとムコ多糖類と呼ばれるゼリー状の物質の一種だと言うことができます。」な、結論されていと、思います。

私が書物で集めていた情報ですが、「話題の美容成分セラミドにはメラニンの生成を抑え込んで、紫外線によるシミやそばかすを防御する高い美白作用と皮膚を保湿することで、カサつきやシワ、ざらざら肌などの多くの肌トラブルを防ぐ優れた美肌作用を持っています。」のように公表されているとの事です。

今日文献でみてみた情報では、「セラミドという成分は、ターンオーバーの過程で作られる“細胞間脂質”を指し、3%ほどの水分を抱き込んで、細胞の一つ一つを接着剤のような役割をして接着する重要な役割を行っています。」のように考えられているみたいです。

なんとなく書物でみてみた情報では、「基本的に販売されている化粧水や乳液などの化粧品や健康補助食品に添加されているプラセンタは馬由来や豚由来のものが主なものです。気になる安全面から評価しても、馬の胎盤や豚の胎盤から抽出したものが明らかに一番信頼して手に取れます。」と、提言されているみたいです。

本日書物で探した限りですが、「10〜20歳代の健康な状態の皮膚にはセラミドがたくさん含有されていて、肌も活き活きしてしっとりした状態です。ところが悲しいことに、年齢に伴ってセラミド含有量は少量ずつ減少していきます。」だと提言されているそうです。

私がサーチエンジンで調べた限りでは、「化粧水の持つ大きな役割は、水分を吸収させることよりも、肌のもともとの能力がちゃんと活かされていくように、表皮の環境を健全に保つことです。」のように公表されているらしいです。